17393円 Vivie / Owl Mighty II / あすつく対応 楽器、手芸、コレクション 楽器、器材 ベース ベースエフェクター Mighty,あすつく対応,/,jomaryoga.com,17393円,Owl,Vivie,楽器、手芸、コレクション , 楽器、器材 , ベース , ベースエフェクター,/hepatite1379742.html,II,/ Mighty,あすつく対応,/,jomaryoga.com,17393円,Owl,Vivie,楽器、手芸、コレクション , 楽器、器材 , ベース , ベースエフェクター,/hepatite1379742.html,II,/ Vivie Owl Mighty あすつく対応 II マーケット Vivie Owl Mighty あすつく対応 II マーケット 17393円 Vivie / Owl Mighty II / あすつく対応 楽器、手芸、コレクション 楽器、器材 ベース ベースエフェクター

Vivie Owl 最安値 Mighty あすつく対応 II マーケット

Vivie / Owl Mighty II / あすつく対応

17393円

Vivie / Owl Mighty II / あすつく対応

そのサウンドクオリティ、独特のデザインで、2015年3月に始動したばかりのブランドながらも、徐々に人気を高めてきている国産ハンドメイド・エフェクター・ブランドVivie(ヴィヴィー)。

本機はそのVivieが送り出した初のベース用プリアンプ。モデル名の「Owl Mighty」が、オールマイティとフクロウ(Owl)を掛けている点も、遊び心が加えられていて面白いですね。基本的にはナチュラルにベースのサウンドを増幅させるキャラクターで、ストレートなサウンドを提供します。
4年間で2000台以上という、新興のエフェクターブランドしては異例のトップセールスを記録した「 OwlMighty」。
多くのプロベーシストの意見を取り入れ再設計し、新たに「OwlMighty II」として生まれ変わりました。

▼EQセクションONにしただけで、楽器本来のキャラクターを残しつつベースのグレードが上がったようなリッチな質感へ。TREBLEはより自然な効きに変更。MIDの効きはよりアグレッシブになるよう調整。BASSは余計な低音は出ずに存在感が増すポイントになりように変更。▼CompセクションFenne Compの開発で培った技術を基に1ノブでも使いやすく自然なコンプレッションを与えられるよう再調整。内部ディップスイッチを増設し、DRIVEをONにした際にか、ドライブチャンネルにもコンプレッサーをかけるかどうかを切り替えることができる。これにより、深くコンプをかけたときにアタックが潰れて歪みが乗らないといった問題を解消でき、DRIVEチャンネルのコンプをカットすることにより更にノイズレスに。▼Driveセクションコントロール類を新たに再設計。Gain,Tone,Blendコントロールにより幅広い音作りが可能。現代的なサウンドメイクにマッチするキメの細かいドライブサウンド。ドライブペダルにありがちな高域が強調されすぎたり低域が膨らみすぎたりせず、バンドのアンサンブルで使いやすいトーン。2in1ペダルの歪みの枠に収まらないハイクオリティなオーバードライブ/ディストーションサウンド。サウンド・操作性に徹底的に拘った、プロの現場でも使用できる高品質なプリアンプです。

Vivie / Owl Mighty II / あすつく対応


最新の特選レポート

【ボストンとプリマスの旅 2019】

プリマス・ウォーターフロント

プリマス・ウォーターフロント Plymouth Waterfront ※ 2019年9月にボストンとプリマスへ行った時のレポートです プリマス・ウォーターフロントは、その名の通りプリマスの海沿いの通りで、ウォーター・ストリート沿いには、お土… 続きを読む

【ボストンとプリマスの旅 2019】

プリマス・ロック ピルグリムが最初に上陸した岩

プリマス・ロック Plymouth Rock ※ 2019年9月にボストンとプリマスへ行った時のレポートです プリマスのウォーターフロントに、ピルグリム・メモリアル州立公園(Pilgrim Memorial State Park)があり、そ… 続きを読む

現地ブロガー新着記事

特選レポートバックナンバー

ボストンとプリマスの旅 2019

ボストンとプリマス

ボストンとプリマスの旅 2019年の秋に、マサチューセッツ州のボストンとプリマスに行かれた、NAOMINさんが、レポートを寄稿くださったので、お届けいたします。 はじめに 皆さん、はじめまして。NAOMINと申します。 2019年の9月にボ… 続きを読む

カリフォルニア・ドリームキッズのサーフィンレポート

キッズサーファー ヒラ君

キッズサーファー ヒラ君 とフレッシュウォーター プロについて カリフォルニア在住のキッズ サーファー ヒラ君が、サーフィン最高峰シリーズのCT(チャンピオンシップ ツアー)の第8戦 Freshwater Pro(フレッシュウォーター プロ… 続きを読む

初体験!キャンピングカーレンタル ネバダ・ユタの旅

キャンピングカーで行く ラスベガスから国立公園へ

ラスベガスから初めてのキャンピングカー体験 昨今、日本でもアウトドアブームで一般層にも広がりを見せつつあるキャンピングカーですが、せっかく広大な大地のアメリカに旅行に行くということで、ひょんなことからキャンピングカーをレンタルしてみないかと… 続きを読む

フィラデルフィア 芸術と文化の旅 2019

近代的なフィラデルフィア国際空港

アメリカ独立宣言の街 フィラデルフィア 今回のレポートをお届けするKANJIと申します。 この春、アメリカの独立宣言がなされた街、また数々の映画のロケ地として有名なペンシルバニア州の「フィラデルフィア」に行ってきましたのでレポートさせていた… 続きを読む

キャンピングカー初心者が行く カリフォルニアの旅

ロサンゼルスからサンディエゴへ!

キャンピングカーをレンタルしてアメリカを旅してみよう 皆さん、初めまして。この度、縁があってレポートを書かせて頂くことになった”ロナウ”と申します。あくまでニックネームで、どこからどう見ても日本人です(笑)ある日、友… 続きを読む

モール・オブ・アメリカ 滞在レポート

モール・オブ・アメリカ 全米最大規模の複合型施設

羽田から毎日の直行便がミネソタ州のミネアポリス・セントポール国際空港(MSP)に運行して、ほぼ2年、以前の成田からよりも随分便利になりました。今夏、空港からライトレールでも10分、車でも10分程度のロケーションで、立ち寄りやすいモール・オブ… 続きを読む